全米オープンの快挙 | 井上コーチ | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  井上コーチ  > 全米オープンの快挙

井上コーチ

全米オープンの快挙
2014.9. 8
こんにちは(^^)/
井上です。

2014全米オープン、佳境の佳境に入って参りました。

夜中に熱狂されておられる方は、さぞ寝不足の日々を送ってられることでしょう。

でもでも、錦織選手、すごい快進撃です。
以前からプロの間でも凄いと言われていたのに加えて、今年は春先のマスターズ1000で復活中のフェデラーに勝ったり、クレーのマスターズ1000でも体力自慢のフェレールに勝ったりと、実績も付いて来るようになりました。

が、激戦勝利のツケで、マスターズマイアミ、フェデラー戦勝利の後の準決勝、対ジョコビッチで棄権。

マスターズマドリード、フェレール戦の後の決勝ナダル戦では終始圧倒しながらも、後2ゲームで歴史的勝利、の時にケイレン、またしても棄権。

ポテンシャルの高さにフィジカルが付いて行っていない感じでした。

ところが、今大会は、手術が幸に転じていい休養になったのか、体力負けがなく余力十分、長丁場でもパフォーマンスがそれほど落ちませんでした。

ワウリンカ、ジョコビッチのベテラン組は、もしかしたら、「彼は前例にもれず、繋いでいたらどこかで、ガクンとなって自分達に流れが来るのでは?」と思っていたのでしょうか。

もともと堅実プレーから、相手の体力や精神を崩し、プレーのズレを誘発させるプレースタイル、今回もそれを狙っていたのか、でも・・・、錦織選手はそうはならず、反対に彼らの方にズレが起きてしまったかのようでした。

番狂わせ・・・、そう思う方も、必然と思う方も、でも会場の何かいつもと違うことが起きているというどよめきは、異様な雰囲気となりまして・・・。

か、どうかは分かりませんが、もう一つの準決勝、フェデラーvsチリッチも、思わぬ展開となりました。

フェデラーも試合後の会見で「錦織選手がいい状態であり、好成績を残すのはある程度予測出来た」と言っていました。

が、それゆえにチリッチの躍進に驚いていた感じでした。

試合を通してブレイクポイントが2回。それだけ相手のサーブゲームが安定していたということですが、それ以外でも完全に圧倒されてボールの勢いに付いて行けていない感じでした。

故障なのか、不調なのか、相手や気負いから来る心理なのか、フェデラーもジョコビッチの本調子が出ないままの敗退。

ジョコビッチ「彼は一段上のレベルに到達した」とコメント。

フェデラー「今日は彼が良過ぎた」とコメント。

本当にそう思われているのか、そう言うものの、相手を称えつつ、今後の自身を鼓舞させようとしているのか、故障や不調、はたまた別の理由があるのかは、素人考えなので、超憶測なんですが、ジョコビッチの鉄壁の守りが崩れる時、読みの良さに定評のあるフェデラーが、相手のスピードボールに圧倒されるなど、それらと秋の匂いも重なってか、昨日はかなりもの悲しい感じになりました。

錦織選手の活躍はうれしいし、これからももっと期待しますが、フェデラーはもちろん、ジョコビッチも今までの強さでいて欲しい・・・。

そんな感じで、対極的に観ると、喜びとさみしさが入り混じる方も多いのでは( ..)。

なので、フェデラーやジョコビッチの今後のまだまだに期待します。

そして、まだ終わっていない全米オープン。

シングルス決勝は9/9(火)午前5:45~です。

10181256.jpg
cilic-federer.jpg
|コメント (0)| 井上コーチ(カテゴリ)
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。