試合に勝つために-part18-読めてる?狙えてる? | 井上コーチ | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ  > 試合に勝つために-part18-読めてる?狙えてる?

上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ

試合に勝つために-part18-読めてる?狙えてる?
2014.9.16
こんにちは(^入^)
井上です。

今回はまずはこの動画から

☆遠藤選手コロコロPK☆

 

相手をあざ笑うかのような逆を突くショットです。

遠藤選手は得点を獲る最大のチャンスであえてコロコロっと、ゆるぅ~いボールを蹴るのです。
相手の読みを外すフォームや間(ま)によってなされる超高等技術によって、なせる業ですが、みなさんのプレーに置き換えた時、決めのショットをあえてゆっくり打つことは出来ますか?

もしそれが出来たら、厳しいボールは必要ないので、安全に得点を獲ることが出来ます。

我々は、相手からの厳しいボールでプレッシャーもかけられますが、やはり読めないフォームはとてもやっかいです。

読めないフォーム・・・同じ打ち方から、色々を繰り出すことが出来、逆を突いたり、足の動きを止めたりしながら、相手の読みを混乱させることが出来るフォームのことです。

読めないプレーヤーは、こんな感じになります。

☆読みの悪いプレーヤー☆

 

「あの人のボール、そんなに速くないのにやりにくい」
「なんかタイミングが合わなくて、うまく打てなくなる」
「構えられるとどこに打ってくるのか分からなくなる」
「えっ!!って思うとこを狙ってくる」

そんな相手は、読ませないフォームを持っています。

ちなみに「あの人、フレームショットや、当たり損ねが多くてよく分からん」(-"-)
とは違います(--〆)

読ませないフォームを持っている人は、みなさんのプレーのコンピューターを狂わして来ます。

で、それで焦ってしまうことで、ビックショットを多用すると、当然ミスも多くなり、どんどん相手のペースになってしまうのです。

そうなる前に、

自分の出来ることを整理しましょう。

相手の攻撃に対してのディフェンス力、また、自分の攻撃力はどこまであげる必要があるのか、

◎ 堅実に打っておけば大丈夫なのか

◎ チャレンジ、トライが必要か、

◎ リスクを伴うのか、

などを計る必要があります。

で、相手と自分のディフェンス力、攻撃力などを対極的にとらえて勝負の算段をします。

それを、ゲームの序盤でします。

また、練習の時も常にそれらを計ります。

得点した、されたを評価の対象にするのではなく、相手より優位に立つことを目的にするのではありません。

品定めを色々と試します。

そうすることで、試合でも得点されても、すぐに焦ったりなどなくなります。

今期のゲームの動きのメニューにはそんな練習が満載です。

☆読み合い、狙い合いのラリー☆

 

相手の逆を突けているか、読みを外しているかは、得点出来たかではなく、相手の態勢を見ながら判断します。

自身も相手の打ち方とボールによって、どのくらいのダメージがあるかを瞬間瞬間で分析します。

展開が速くなる、態勢が崩れる・・・、で、焦ります。

また、相手が読めないフォームを作ると、

読めなくなる、狙えなくなる、相手の気持ちが強くなり、余計に相手が読めなくなり、狙えなくなります。

が、それらの中でやりくりをしながら、自身の読む狙うをレベルアップさせます。

「読めてる?狙えてる?」

自問しながら、練習し、技術力もですが、ゲーム力もレベルアップです(^^)b

最後に、

☆自問自答していない動画☆


ペア間のコミュニケーションも大事に(#^.^#)
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。