真ん中の美学 | 井上コーチ | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ  > 真ん中の美学

上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ

真ん中の美学
2014.9.23
こんにちは(^人^)
井上です。

今期の目標のフォーメーションドリル、とても内容が濃い感じで、
まとめのゲームの時の狙う意識、読む意識が以前とは違う感じになりました。

で、お題目にもある『真ん中の美学』(p_-)とは?

下の画像には、2つのボールがあります。

フォーメーション3.jpg
ゲームメイク、あるいは決定打を打つ場合の真ん中は?と聞かれると、それは向かって左側?右側?どちらでしょうか。

答えは、2人のプレーヤーの状況を考えると、有効打である真ん中は右側のボールということになります。

前のプレーでは、右側プレーヤーが打っていますので、プレーヤーの次のボールへの意識の強さを考えると、真ん中は右側のボールということになります。ちなみにど真ん中である左側のボールはカバーに入った左側プレーヤーのがとるべきです。

よくあるのは、甘くなったリターンを前衛がボレーする際、相手前衛に何気に打ってしまって簡単にディフェンスされてしまうという状態。
その場合も、有効打である真ん中はリターンを打ったプレーヤー寄りということになります。

センターにしっかりコントロールしているプレーヤーは、見えているスペースだけでなく、相手の状態のセンターを観ています。

『真ん中の美学』は、

1. オープンコートに打つ
2. 逆を突く(あえて狭い方へ打つ)
3. 意表を突く(心のオープンコートへ打つ)

が、観えていることが大事です。

そしてディフェンスの心構えは、

1. コートカバー
2. 味方のカバー
3. 逆襲へのポジショニング

で、相手の攻撃を読むために、

1. 相手の打ち方
2. 相手の傾向
3. ゲームの流れ

を、日頃から読むように心がけます。

そんなエアフォーメーション(゜゜)

☆カバーリングシミュレーション☆

 

で、カバーもしながら、相手のスペースに攻撃!!

☆2対2☆


お互いもうひと押し厳しくヒットすれば、ラリーを終わらせられるのですが、心の中で、

「今のいいボール!!」
「今のはちょい甘いよ!!」
「そこ空いてるよ!!」
「その発想おもしろい!!」

そんな会話をしながら、ラリーを交わしています。

なので、一つのプレーの中で、いくつものパターンを試みてみたり、受けたりが出来ます。

で、『真ん中の美学』(^^)

動画の最後は我々がいい真ん中を突かれてしまいました(^_^メ)

平行陣のセンターだけでなく、陣形それぞれのセンターはペアの間だけではないですよね。

『真ん中の美学』を追求してみましょう(p_^)/

トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。