のりしろ | 井上コーチ | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ  > のりしろ

上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ

のりしろ
2014.9.30
こんにちは(^^)/
井上です。

『のりしろ』がしっかりしている方、またはペアは強いです。

のりしろ.jpg
代表的な『のりしろ』は、ペアとの間。
どちらが打った方が得策?をお互い感じながらも、どちらが打っても大丈夫!!なとこが『のりしろ』です。

『のりしろ』はセンターのスペースだけではありません。

お互いのサイドスペース以外は全て『のりしろ』部分です。

☆のりしろを狙う☆

 

どちらが打った方が得策?を考えながら、次のプレーで出来る空きスペースをカバーします。

また『相手ののりしろ』を狙います。

『のりしろ』は、お互いが譲り合いそうな所、自分かな?ペアかな?って迷う所もそうです。

☆のりしろカバー失敗☆

 

「これはペアのボールだ」と思った時、だけども「もう少し自分の読みが良ければ!!」「自分が打った方が得策だったかも!!」

と、思えると読みのレベル、『のりしろ』レベルが上がります。

「今のは、ペアに打ってもらうために早めのアピールが必要だった」なんてのもです。

よく「いらん手」ってみなさん言われたりします(^_^メ)

☆のりしろに打ち合う☆


動画は、いつものごとく、もうひと押し厳しいボールを打てば、終わらせることが出来るのですが、あえてお互いのピンチを演出しながら続けています。

配球時のビジョン
「どちらかに打たせて、ペアをカバーに向かわせながら、次の配球を考える」
「たまにのりしろに打って迷わせて次の配球を考える」

守備時のビジョン
「自分達のスペースを瞬時に理解し、相手の配球を読む」
「自分、ペア、どちらか打つかを判断、次のプレーで出来るスペースに気を配る」

車や自転車の運転と一緒で、高速になれば判断が鈍りますが、そこは楽しく訓練です(^^)b


そして、自分のショットの『のりしろ箇所』を振り返ってみましょう。

○ 正面(フォアでとるか、バックでとるか)
○ ローボレーか、ハーフボレーか
○ スマッシュか、ハイボレーか
○ 決め頃ミスり頃
  (決定打が打てそうだけど、無理をして打つと失敗しそうな箇所)

ゲーム巧者は、みなさんの色々な『のりしろ』を狙って来ます。

例えば、決め頃ミスり頃。
端的に「決め」「つなぎ」ではなく、

◎ あえてゆっくり返球して次の防御に最大限気持ちを注ぐ
◎ まぁまぁの返球をし、それなりの態勢をとる
◎ 何手先かで決めるためのプロセスのボールを打つ
◎ それだけで決定打になるように試みる

それらレパートリーが豊富な方は、ゲームでのショットが適切です。

日頃のラリーで「決め」「つなぎ」と二分していたのでは、なかなかレパートリーは増えませんよね。

『のりしろ』対策で上達ですp(^^)q
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。