打ち方の流れを良くする!! | 井上コーチ | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ  > 打ち方の流れを良くする!!

上達の秘訣(スクールの上手な利用法) , 井上コーチ

打ち方の流れを良くする!!
2014.10.21
こんにちは(^^)/
井上です。

今期の目標はフットワークですね。

前回、ゲームの動きがテーマだったのですが、ゲームで動くためには、まず、状況判断が大事です。

状況判断は、味方や自分、相手の態勢やボール、全体の流れなどから判断しますが、多くは視覚から入って来ます。

なので、開いた目・・・オープンスキルです。

テニス、サッカー、バスケ、バレー、などはオープンスキルが重要なスポーツです。

反対に、自身の筋肉の動きや、バランス、打感、余裕度など、自身の内側に気持ちを向けた時、目を閉じるとまでは行きませんが、そんな気持ちになるので、

閉じた目・・・クローズドスキルです。

陸上競技や、水泳、ボーリング、などはクローズドスキルが重要なスポーツです。


でも、テニスも重要です(p_-)

テニスは、毎回、状況が違う中でプレーするので、フォーム一辺倒になるのは適切ではありません。

ですが、状況判断とアレンジ力を生かし、良い流れを持ってプレーすることは、とても大事です。

で、その「良い流れ」の1つにフットワークがあります。

基本は、

1. 献身的に動く

ですが、動きを簡略化して

2. 効率よく動く

ことも大事です。
また、緩急、高低、遠近、前後、ボールは様々なので、

3. 身のこなしを良くする

ようにして、色々な打ち方になっても「良い流れ」が出来ることが重要です。

なので、

1. 動いてしっかり打つ

2. 動きを少なくしてもしっかり打てるようにする

3. 今まで難しいと思っていたボールも「しっかり打てる」を実感する

と言ったところでしょうか。

それらが上手な方は、上手たる所以の

1. しっかり打っている姿

2. 無駄のない打ち方

3. 様々なボールを、様々なタイミングや身のこなしで打っている姿

などが想像できます。

フットワーク・・・とにかく足を動かすだけでなく、オープンスキルに適応した「良い流れ」を身に付けて参りましょう(^o^)/ 

フェデラー12.jpg
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。