いつか来るその日のため? | jikiの ほんの【箸休め】 | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  jikiの ほんの【箸休め】  > いつか来るその日のため?

jikiの ほんの【箸休め】

いつか来るその日のため?
2017.9.27

信心深いワケではありませんが

すでに他界している爺ちゃん婆ちゃん・ご先祖様に逢う日は必ずやってくるハズ。

 

お墓参りくらいはしておかないと私に【その日】が訪れても

誰も迎えに来てくれないかもしれません。

 

それじゃぁ道に迷っちまう!

ということで、9月24日 お墓参りに立ち寄った実家での一風景。。。

 

20170924 40D 018dp_650a-tile.jpg

  

20170924 40D 033_320-tile.jpg

 

20170924 40D 035dp_650-tile.jpg

えっと。。

 

両親は健在であります。 

 

jiki

トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
  • 題名のせいかもしれませんが、曼珠沙華に導かれて どこかに連れていかれそうな道ですね。
    極楽浄土ならいいけど…
    曼珠沙華ってきれいだけど、なんとなく怖いですょね。

  • > スミさん
    コメントありがとうございます。


    この題名でUPする時ちょっと躊躇いたしました。
    テニススクールのブログとしては不適切じゃなかろうか・・・と


    なので、ちょっとドキドキしておりました。


    元画像はこれよりもっと暗く、まるで「水木しげる」先生の世界の
    ようでした。


    まさに異世界へと続く道を思わせます。


    jiki

  • 不思議とお彼岸の頃に咲いていましたが、最近昔ほど見かけない気がします。
    レンゲと同じく種をまいて咲かせていたのでしょうか?
    毒があるので、食べると死に至ることがあると言うのが、好まれない理由なのかもしれませんね。
    私は子供の頃、まだ青い稲穂のそばで咲く赤い花が、緑に映えて綺麗だと思っていました。
    なので、暗いイメージもないんですよね。

  • > にゅうとらるさん
    コメントありがとうございます。


    jiki実家は農業です。
    なので彼岸花がたくさん咲いた年は父親が連絡をくれます。
    「今年は、よーけー咲いとるで、撮りに来い」って感じです。
    根拠はありませんが、当たり年とそうでない年があることは実感します。


    日本産の彼岸花は、ほぼ3倍体なので種子はできない様です。
    球根の分球だけでよくあれだけ繁殖するものと感心致します。


    ちなみに私の実家の田んぼのあぜにも咲いているのですが
    その効果の程は不明ながら一説には球根の毒によるモグラよけ
    で植えたのが始まりとか。。。


    水田にとってモグラ穴は深刻な影響を与えかねないので納得です。


    そんなかんなで私の田舎では「彼岸花」という一辺倒な呼び方のみで
    実りの秋、稲刈りの疲れを癒してくれるきれいな花という捉え方でした。


    jiki

  • 彼岸花は球根でしたか!
    私の実家も田舎ですが、今年も少な目でしたね。

この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。