#86 上手な喩(たとえ)とは? | 九鬼コーチの”ちょっと一息” | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  九鬼コーチの”ちょっと一息”  > #86 上手な喩(たとえ)とは?

九鬼コーチの”ちょっと一息”

#86 上手な喩(たとえ)とは?
2017.3.27
こんばんは。九鬼です!
20170327.JPG
今期のテーマ「ネットプレー」のコツを伝えるために、私は金槌やハサミ等というテニス以外のことで、皆さんの周りにある身近なものを挙げています。いわゆる"たとえて"います。
良い"たとえ"が浮かぶことは我々コーチにとって非常に大切なことです。お客様の頭の中で・・・
テニスのイメージ→①バックハンドストロークを打つ
         ②フォアボレーを打つ
         ③サーブを打つ
と、
日常でのイメージ→①バケツの水を遠くの火にかける
         ②金槌で釘を打つ
         ③ボールを投げる
がバチッと一致してもらえると、みるみるうちにテニスが上手になります♪「コツをつかんだ」状態ですね(*^_^*)
日々、より良い"たとえ"を探し求めているのですが、ふと先日こんな会話がありました。
「レッスンのスタイルについて良いたとえはないか。」

レッスンという形の無いものをたとえるのは非常に難しい事ですが、そこで福森コーチが一言!!
「『焼肉』と『フランス料理』や↑↑」
どういうことかというと・・・
◆焼肉・・・とにかく目の前に出された肉をひたすら焼いて(自分のペースで)食べる
    →球出しやフォームチェックよりも、とにかくラリー・ゲームがしたい!
◆フランス料理・・・前菜、スープ、魚料理...と少しずつの量を順番に(お店のペースで出されて)食べる
    →球出しや、フォーム、ショットの理論などを多く聞いて、テニスに生かしたい!
といったところでしょうか?

僕にはこの"たとえ"が、どストライクにハマりました(笑)
同じ料金を支払った時に、焼肉が食べたい方もいれば、フランス料理が食べたい人もいる。同じ方でも今週は焼肉の口だが、来週はフレンチの気分になるかもしれない・・・

皆さんは、どちらを食べますか(どちらのレッスンが好みでしょうか)?
遊プラザという『レストラン』で働く、コーチという名の『コック』や『ギャルソン』は常にお客様のその時求める料理を提供できるよう、頑張ってまいります(●^o^●)
今日はこの辺で。長文失礼しましたm(_ _)m

『DJ Cookie の今日の1曲』。料理で連想される曲がこの曲か、キテレツ大百科のオープニングでした(笑)
「黒毛和牛上塩タン焼680円」 大塚愛
それでは、See you tomorrow☆★
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。