#97 こういうブログも書いていきたい | 九鬼コーチの”ちょっと一息” | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  九鬼コーチの”ちょっと一息”  > #97 こういうブログも書いていきたい

九鬼コーチの”ちょっと一息”

#97 こういうブログも書いていきたい
2017.4. 7
こんにちは。九鬼です!
20170407.jpg
本日のブログの内容は昨日のブログの続きのようなもの(^○^)
「なぜヒトは疲れたとき、甘いものを欲するのか?」
このことについて説明したいと思います!

ヒトはパソコン業務や文章を書くなどの作業をすると、イスに座ってそんなに体を動かしていなくても疲労感や倦怠感を非常に感じます。
その時、脳を活発に使うことで、脳の中のブドウ糖が消費されています。その糖分を脳が求める信号こそが「疲労感」なんです!

テニスでたくさん走ったときに『乳酸がたまった』という表現を聞いたことがありませんか?
筋肉に限らず脳にも乳酸はたまります(作られます)。エネルギーを補給し、体の動きを活性化すればこの乳酸を取り除くことができます。

回りくどくなりましたが、その際も最も素早くエネルギーに変換できる性質を持つのが「糖類」なんですね(*^。^*)♪
糖分を摂取し、体内の血糖値を上昇させることで、身体が活発に動きます。

とはいえ、安易に甘いものだけを摂るのも良くありません。
人間にとって糖分とは非常に"依存性"の高いものです。そのため、疲労が取れたと感じた脳は、更に糖分を欲するようになります(-_-)
そうすると怖い事が2つ・・・

①.急激な血糖値の上昇に体が困惑し、その状態を正常にすべく血糖値を下げる物質「インスリン」を分泌
→糖分を摂取する前よりも血糖値が下がるので、逆に疲労感が生まれる

②.①の状態から脱したいために、更なる糖分摂取・・・というループ状態
→糖尿病や生活習慣病を引き起こす

では、どのような食品で脳の疲労を摂れば良いのでしょうか?
糖分という点からだと「ナッツ類」「はちみつ」「ドライフルーツ」などがオススメです♪保存がききやすいものばかりなので、常備しておけますね。
糖分以外だと、やはり肉類(タンパク質)にんにく(ビタミンBが効果的です(・へ・)

ただ、「甘いものを食べるな」というわけではありません!甘いものを食べるという行為には「気持ちがリフレッシュできる」というメリットがありますから。『過度な摂取に注意』ということですね♪


遊プラザのお客様の中には、お医者様も多くいらっしゃいますので、僕みたいな浅はかな知識でブログに載せるのもおこがましいですが、参考にして頂けると幸いです。(間違っていたら、教えてください!!笑)
今日は、この辺で。       ※長文失礼しました

『ワンポイント イングリッシュ brought to you by Cookie』
本日のフレーズは・・・
「No drama/気にするな」
Don't mind(ドンマイ)と同じ意味ですが、こちらの方がクールじゃないですか?

それでは、See you tomorrow☆★


トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。