#180 サーブ/サービス | 九鬼コーチの”ちょっと一息” | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  九鬼コーチの”ちょっと一息”  > #180 サーブ/サービス

九鬼コーチの”ちょっと一息”

#180 サーブ/サービス
2017.6.29
こんにちは。九鬼です!
20170629.JPG
今期のテーマは「サーブ」。
やはり苦手意識があるお客さまが多いショットの1つではないでしょうか?

では、サーブで最も大切なポイントを言います(・へ・)

ズバリ・・・『メンタル』です!!!
だから、今期私は皆さんがサーブを打っているところを全力で応援することに注力しますね(^_^)


・・・すみません、冗談です(笑)そんなコーチに誰も教わりたくないですよね^_^;
一生懸命アドバイスさせていただきます!

ただ、サーブでメンタルが大切ということは冗談ではありません。

「このサーブを入れないと負けてしまう(>_<)」
「このサーブで絶対エースを取るぞ!!」
上のような考えになりやすくなります。レッスン・スクールとはいえ勝負をしているのですから当然です。
しかし、そういう時は決まって気持ちが前に出てしまう(力みがちになってしまう)もの(-_-)

そこで、メンタルを強くするには『自信をつける』ことが非常に大切な要素となります(゜-゜)

サーブまたはスマッシュといったオーバースイング(縦振り)は他のショットに比べ、打球回数が極めて少ないです。
その分、"回数を重ね、成功体験を増やす→喜びを得る"ということが自信をつけるために必要となります♪

これは、個人の見解ですが・・・『サーブで喜びを得る』段階は以下の順番だと考えています(*^_^*)
①サーブがコートに入る ⇒ ②サーブが速くなる ⇒ ③サーブに回転がかけられる ⇒ サーブからラリー(ゲーム)が出来る ⇒ ④サーブでポイントが取れる

ここで伝えたいのは「サーブがコートに入る」ということが最も意識すべきことなんです♪

サーブ。英語で書くと「serve」で"供給する/奉仕する"という意味となります( ..)φ
つまり、『ラリーやゲームを始める際に、相手にボールを供給する(打ちやすいボールを奉仕する)』という考え方ができるんですね(●^o^●)

何度も繰り返しますが、サーブをコートに入れる(コートに入る)ことで成功体験を導き、自信をつけることから始めます。
速いサーブや回転のかかったサーブを習得するのは、その後からでも全く遅くないですよ♪

私がサーブを打つ時に考えていることは2つだけです(^u^)
①(ダブル)フォルトをしないこと
3球目のボール(自分がサーブを打って、相手から帰ってきたボールを打つ時)をミスしないこと

自分にパワーがないことを、20歳くらいに認識しましたので(笑)「サーブは入れておいて、その後の展開で勝負をしよう。。。」というくらいでやっています!そうするとサーブに対するプレッシャーも少ないですしね(#^.^#)♪

ただ、あくまで私の考え方です。ビッグサーブでポイントを取るのもテニスの楽しみ方の1つ。パワーのない私にとってはうらやましい限りです(・。・;

ご自身の身の丈・目的に合ったサーブを残り8週で見つけ、磨いていきましょう\(^o^)/
そのお手伝いが出来ればなと、考えておりますので今期もよろしくお願い致します!!m(_ _)m
長文失礼しました。

『クキの窓 ‐ココロジスト 九鬼による最終分析‐』

【無人駅で降りた目的】
一人旅で、無人駅に降りたあなた。目的は何ですか?

A.山登り
B.バードウォッチング
C.キャンプ村
D.農業体験

答えは明日のブログにて(^_^)vまた明日☆★
トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。