プライベート | 岡山県のテニススクールなら遊プラザのテニススクールブログ

テニススクールスタッフブログ  > プライベート

プライベート

  • 夏季休暇 大山ユートピア小屋 1泊2日 (2018.8.20)

    夏季休暇の後半は大山へ出かけました。

    ユートピア小屋泊 1泊2日の山行きです。岡山の自宅をお昼過ぎに出発。

    豪円山の駐車場に車を止めて出発! 大神山神社の上部が登山口 ここから下宝珠の尾根筋まで一気に上がります。

    途中で振り返ると弓ケ浜が見えます。

    下宝珠の分岐着  ここで軽く休憩

    ここから上宝珠へ向けて素晴らしいブナ林の尾根歩き

    とても美しい ブナ林です。

    左手にこれから登る 三鈷峰が目の前に迫ります。

    右を向くと 大山の北壁 時折ガスが抜けて稜線が見えます。

    北壁を眺める大好きなビューポイントは崩落してなくなっていました。

    足元に注意しながら通過します。

    ユートピア小屋が見えてきました、直ぐに小屋ヘは行かず さっき見えていた三鈷峰へ向かいます。

     

    ここも左側が崩落しています。右側に巻いて登ります。

    三鈷峰の頂きにあるケルンから大山の北壁を臨みます。

    東尾根の稜線がガスの中に見え隠れしていました。

    三鈷峰からユートピア小屋へ向かう途中に

    小屋へ着くと 気温は 10℃

    ぶったまげ~です

    小屋の中はとてもきれいです。 今日は私一人 貸切でした。

    早い晩ごはんを済ませて19:00には眠りに。

    小屋どまりのお楽しみは 夕焼けに染まる北壁 そして 夜の満天の星空 そして 朝焼けに染まる東斜面

    ですが、今回は全部× お楽しみは持越しとなりました。

    翌朝 朝日はガスの向こうに

    朝ご飯を食べていると ガスが抜けてきたので もう一つのお楽しみ 天狗ヶ峰への稜線歩き

    いつみても いい! 大山の中でも好きな景色。

    途中の登山道の崩落が激しく 今は通行禁止 ガイドマップからもルートは外れて記載がありません。

    イメージ 6

    せめて 天狗ヶ峰の手前までは 様子見をかねて登ります。

    イメージ 7

    キリン峠からの槍尾根が見えます。

    イメージ 5

    片方が崩落して狭い足元を慎重に通過

    更に上を目指します。

    岩が風化してボロボロです。ここを登れば目指す天狗ヶ峰、大山の

    南斜面を視みることができますが、安全第一。単独なのでここでUターン。

    下りるころにはきれいに晴れてくっきりと、

    雄大な大山を眺めながら山を下りました。

    イメージ 21

    イメージ 22

    イメージ 23

    土曜日とあって登ってくる人が多かったので、あえてのぼりが少ない中の原ルートへ

    このルートもブナの林が見事でした。

    最後は見覚えのある人もいることでしょう。こんなところに出てきます。

    スキーで滑るとあっという間のコースですが、疲れた足にはきつい下りとなりました。10:30駐車場着。

    久しぶりの大山ユートピアを楽しみました。

    番外編は次回アップしますね。

    フロント 平井

     

     

  • テニスを始めた時&ラケットの変遷 (2018.5.17)

     

    私がテニスを始めた時

    WS000186.JPG

    中学生になって部活で軟式テニス部に入ったのが私とテニスとの出会いでした。

    中学では3年間 軟式テニス。大会成績は鳴かず飛ばず。

    高校ではそのままの流れで軟式テニス部に籍を置いたものの幽霊部員、結局ラケットはほとんど持つこともなく卒業アルバムには陸上部(走り高跳びで収まりました。

     高校の硬式テニス部に友人がいたこともあり興味半分で「ちょっとやってみるか」という軽いノリで硬式テニスをすることに。でもラケットがいるな~、友達の親が当時の国体選手で古いラケットをあげるよ! で写真のフタバヤのウッドラケットを譲り受けた。

    写真は記憶を頼りに似たものを引っ張ってきました。

    WS000182.JPG

     

     

     

    硬式テニスで衝撃を受けたのは

    1979年全米オープン 決勝 マッケンロー VS ゲルライティス  この試合をみて

    「テニスって面白い!」 ここからテニスにはまり込んでいった記憶がよみがえります。

    「これからはテニスで!」 当時の仲間もどっぷりはまっていきました。そしてとどめが

    1981年ウィンブルドン 決勝 ボルグ VS マッケンロー 

    まだまだウッドラケットの時代に 気分はマッケンローでサーブ&ボレーの練習にあけくれていました。

    ウィルソンのウッドラケット

     

     

    魔法のラケットWS000187.JPG

    そんなある日「魔法のラケットがあるで、何処にあたっても 

    返るスゴイラケットじゃ」と友達が揚々として持ってきたのが

    へんてこな形をしたヨネックスのラケット「ヨネックスR7」 

    打ってみるとそりゃあもう驚きの一言。スイートスポットが

    小さかったウッドラケットと比べるとそのスポットエリアの

    広さにただただ驚くばかり。

    即 購入。  

    基本技術のない私のテニスにはうってつけの

    ラケットとなりました。

     

     

     

     

     

    世界初の厚ラけ 

    WS000190.JPGまたまた画期的なラケットが発売されました。 

    世界初となる厚ラケ ウィルソンプロファイル写真のラケット。

    このラケットでボレーをするとボールが伸びる伸びる。

    当たった時のサーブも抜群のボールの伸び 

    これまでのヨネックスから即乗り換えです。

     

     

     

     

     

     

    この頃から仕事と子育てに追われはじめコートから

    足が遠のいて・・・

    ラケットは物置に置きっぱなし状態に

    遊プラザに再就職が決まって20数年ぶりにテニス再開。

     

     

    テニスが様変わりWS000191.JPG

    そして、現代テニスに一生懸命追いつこうと

    このラケットで頑張っています。 

    VCORE SI98

     

     

    フロント 平井

     

  • 30周年記念 あの日あの時 (30年前の私・・) (2018.3.30)

    遊プラザができた1987年・・・

    当時はスキー全盛期 映画 「私をスキーに連れてって」が公開された年でもあります。 1本滑るとリフト待ち20分とか、ゴンドラに乗るのに1時間待ちとか、今では信じられないくらいのスキー場の混み様でした。

    また、スキーと同じくらいテニスも隆盛を極めていました。

    どのくらいだったかというと・・・

     

    仲間内で遊びに行くときは、テニスコートが近くにあってテニスができる所、が大前提。

    ラケット、ウエア、シューズ持参は当たり前という感じ。現地に着くと「ほんなら テニスしようか」って。 ウエアのブランドは女の子はクリスエバートが着ていたエレッセ、男はボルグが着ていたフィラかマッケンローが着ていたタッキーニ。

     テニスは上手い下手ではなくて当たり前のファッションの一つとして若者に浸透していた時代でした。

     

    WS000121.JPG

    WS000122.JPG 

    さて、仕事はといえば

    天満屋ストアに入社して6年目、天満屋ハピータウン原尾島店で実用衣料品(肌着、靴下、ナイトウエア)の担当をしていました。当時の原尾島店は今のような立派な建物ではなく、1970年台のボウリングブームの時に建てられたセブンスターボウルの建物を射抜きで改装した店舗でした。なので、フロアには柱が全くないというものでした。

     

    その頃の私は、冬のスキーがメインでそのシーズンオフのトレーニングがテニスという感じで1年を過ごしていました。

     ゲレンデの雪がなくなるとテニスシーズンがスタート・・・夏場はとにかくテニス、11月から走り込みと自転車でスラローム練習(ステンマルクがやっていたバランス練習)、12月に柳原人工スキー場で基礎練習、そしてゲレンデに雪が積もると、雪がなくなるまでスキー場へ毎週のように通っていました。今のように高速道路の無かった時代にチェーンを巻いてよく通ったものだと思います。

     

    WS000118.JPG

     

    スキーはこれまで滑走日数は激減したもののやめることなく続けてきたおかげでなんとか時代の滑りに置いて行かれない程度には滑れているかな?

     

     

     テニスは仕事が忙しくなってからはラケットを持つことすらなく20数年間が経過。

     

     

    遊プラへの勤務が再開のきっかけとなって失った20数年のテニスを取り返すべく、動かなくなった体に鞭を入れながら頑張っている今なのです

     

     

     

    WS000400.JPG

     

  • 前島に遊ぶ(チヌ釣り) (2018.3.24)

    フロントの平井です。
     
    WS000368.JPG
     
    毎度のごとく休みは釣りに出かけています。
     
    23日(金)も例に違わず前島に出かけました。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前島旧フェリーimg_0.jpg

    満ち潮、下げ始めと不発。
     
    最後に引き潮のポイントに移動してこの移動がビンゴ。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前島黒岩img_1.jpg
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前島1img_2.jpg
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前島2img_3.jpg
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前島3img_4.jpg
     
    終わりよければすべてよし
     
    楽しいチヌ釣りとなりました。
     
     
     
     
     
     
     

  • しまなみ海道ドライブ&フィッシング (2018.3.17)

    14日水曜日 絶好の釣り日和  受験が一通り終わってひと息ついているのり君(二男)と釣りに出かけました。

    のり君との釣りはハンデなしのガチンコ勝負。 25センチ以上のチヌを釣った数で競います。

    同じ匹数の場合は大きいサイズが勝ち。というルール。

    今回の戦いの場所は しまなみ海道の佐島    行く前にグーグルマップの衛星画面で現地を見てみると

    砂浜が隣接 水道筋で潮も通って水深もありそう。  キスも釣れそう~。

    WS000290.JPGさしま1img_0.jpg

    直ぐにチヌ狙いののりくんをおいて とりあえず私はキスの調査

    さしま2img_1.jpg

    狙い通り越冬キスをゲットしたところでチヌ狙いにチェンジ

    すると

    竿を曲げる大きなあたり。3さしまimg_2.jpg

    しばらく格闘しましたが捨て石に入られてOUT。

    竿を曲げたのはこの魚の成魚

    さしま4img_3.jpg

    気を入れなおして仕掛けを入れると本命がヒット。

    この一枚で私の勝利となりました。 さて、次回はどこで勝負しようかな~さしま5img_4.jpg

    フロント 平井

  • 2018年 初すべり (恩原高原スキー場) (2018.2. 1)

    1月31日(水) スキー大好き 福森コーチと テニス友達の3人で

    恩原高原スキー場へ初すべりに行きました。

    スキーimg_0.jpgゆっくり行っても2時間半もあれば到着です。

    お昼前について お昼ご飯を食べてから午後券 2800円で

    滑ります。

    この手軽さと安さで 子供が小さいころは決まって恩原でした。

     

    この日は平日とあってゲレンデは貸切状態。

    WS000207.JPG

    コース内にほとんど人がいないので思うように滑ることができて快適!

    高速のロングターンからコースの横幅をフルに使ってギルランデを織り交ぜて滑ったり・・・

    シーズン初日だったので 落下していく中&ターン中のポジション確認とずらすターンのバリエーション練習を中心に

    しながら滑りました。

    スキー3_2_m.jpg

     

     

    もう何回かすべりに行きたいなぁ~

    楽しいスキーでした。

    (フロント 平井)

  • 2018年初づくし(釣り編) (2018.1.25)

    2018年がスタート

    寒さに負けず 休みは釣りに行っています。

    まずは  ★2018年初釣りから・・・・初釣りは久しぶりに子供たちと一緒に出掛けました。

    チョイ投げで 越冬キスを狙いました。img_0_m.jpgimg_1.jpg

    続いては

    ★2018年初チヌ

    瀬戸内市の前島で竿を出しました

    img_7jpg.jpg次は2018年 初マダイ

    この日は車が使えずに電車でGO

    電車とフェリーを乗り継いで直島で竿を出しました。

    img_4jpg.jpg最後は2018年

    初 ぼーず

    久しぶりに風が無い絶好の釣り日和でしたが与島でマダイ狙いも

    2か所目で針に乗せるも途中で針外れ~

    可愛いちゃりこ(赤ちゃんマダイ)が釣れただけに終わりました。

    先客さんで竿を出していた日本チャンプは40センチ級のクロダイを2枚釣ってました。まだまだ修行が足りません。

     

    さあ、大寒波が来てるけど頑張って釣るぞ~

     

    (フロント 平井)

     

    img_9.jpg0img_1.jpg

  • 祝:九鬼コーチ365日連続ブログ更新アップ (2018.1. 5)

    九鬼コーチが大きい目標(2017年は毎日ブログを更新するぞ)を掲げてチャレンジ! 

    ☆見事達成☆

     素晴らしい!

    私もフェイスブック、個人の釣りのブログ&HP、そしてここ遊プラザのブログと更新をしていますが

    とてもとても毎日というわけにはいきません。

     

    目標を掲げてそれをやりきった者にしか味わうことができない達成感を味わうことができた

    九鬼コーチをちょっと羨ましくも思うのです。

     

    休眠状態だった遊プラザのコーチブログが2018年は目を覚まして欲しいなぁ~  と思ったりもしています。

    さて、話はかわって いつもの釣りのご報告です。

    1月2日は子供たちと香川県荘内半島に越冬キスを狙って出かけました。

    この日は次男 のりくん(写真一番上)が大爆発! 一人で半分以上を釣り上げて竿頭。

    イメージ 1

    1月4日 この日は嫁さんが車を使う! というので電車でGO

    電車とフェリーを乗り継いで直島へ真鯛狙い。

    大潮で潮が強い 強い 

    ワンチャンス 狙いの潮が来た時に 2ヒット! 1針外れ 1つタモに納めることができました。

    今年も ハンドルネーム 「ツリキチオー」に相応しく頑張って竿を振りたいと思います。

    BY  フロント 平井

     

     

     

  • 瀬戸内市 前島の寒チヌ釣り (2017.12.28)

    12月27日(水) 爆弾低気圧の影響で岡山でも強風が吹き荒れましたが、

    毎度のごとく 釣りには出かけました。

    風速8メートルが吹いても何とか竿を振ることができるのが前島の魅力の一つです。

    9:30牛窓発のフェリーで渡ってポイントへ。

     

     風裏となる場所へ行きましたが、「強風に風裏無し」の言葉通り 回り込んだ風が

    右から吹き付けてきます。

    この日は重い仕掛けをしっかり立てたパターンが正解でした。

    寒波の影響で海水温は10.2℃まで急降下でしたが、何とか本命を手にすることができました。

     

    帰りは日本の夕日百選 牛窓の夕日を見ながらフェリーに乗りました。

  • 久しぶりのアップです(フロント平井 釣り編) (2017.12. 1)

    26(日)次男 のり君とのガチンコバトル。西風が強くなるとの予報で戦いの舞台に選んだのは、因島 鏡浦。

    前回は 児島湾対決で私が完敗。

    釣り座の選定は のり君に優先権、駆け上がりラインが狙えるところへ釣り座を構えた。

    私は そんならまあ先端に近いところでやろうかな。

    10時 ウキした2ヒロからスタート  すると アジヒット!  美味しいアジが釣れるならアジを釣らないと。

    としばらくアジ釣り。 計ったように同じパターンでヒットします。

    イメージ 1

    ところが潮は安定せずあっちへ、こっちへ。  のり君はエサ取りに大苦戦。

    「エサが残らん」 「どこへ入れても駄目じゃ」

    「そんなときは目いっぱい 遠投じゃな」

     

    アジの潮が終わったところで 先端からの向こうに見える岬方面への潮へ仕掛けを放り込んで

    潮筋狙い。50m位流したところで ラインがビュン  ヒット! 真鯛が釣れた。

     

    潮が終わって待ったり潮に  チヌ狙いにチェンジ

    自作のSPボールウキ しぶしぶ設定 ジンタンG7とG8を付けた段打ちでスタート。

    底が取れんな~    潮がまったりで狙いどころがつかめず波止の上を右へ左へ。

    海面の表情と泡を頼りに潮を探していると、正面からのゆるいあて潮を発見!

    底をとるべくG5をカラマンボウの下に追加して30m位に放り込んで、潮に合わせて手前手前に

    探っていると、誘った後に緩めていたラインがモゾモゾと動いた後にビュン!

    バチバチバチバチ スプールを抑えている指から音をたててラインが出ていきます。

    ハリスは1号なので無理をせずしっかり魚を走らせてやります。

    15m位ラインが出たところで走りが止まって頭が向いた。  ここから寄せに入ります。

    竿の力を使ってじわー  じわ~ 伝わる動きからそこそこのサイズであることが伝わります。

    ゆっくり時間をかけて取り込んだのは目測47㎝の良型。


    イメージ 2

    このあともふらふら変わる潮に悩まされながらも真鯛と チヌを追加、

    しっかりおかずを持ち帰ることができた、のり君にも圧勝となり連敗を止めた釣りとなりました。

    フロント 平井

     

ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。