30周年記念 あの日あの時 (30年前の私・・) | プライベート | 遊プラザのテニススクールブログ | 「上達に自信」「初心者でも安心」のテニススクール

テニススクールスタッフブログ  >  プライベート  > 30周年記念 あの日あの時 (30年前の私・・)

プライベート

30周年記念 あの日あの時 (30年前の私・・)
2018.3.30

遊プラザができた1987年・・・

当時はスキー全盛期 映画 「私をスキーに連れてって」が公開された年でもあります。 1本滑るとリフト待ち20分とか、ゴンドラに乗るのに1時間待ちとか、今では信じられないくらいのスキー場の混み様でした。

また、スキーと同じくらいテニスも隆盛を極めていました。

どのくらいだったかというと・・・

 

仲間内で遊びに行くときは、テニスコートが近くにあってテニスができる所、が大前提。

ラケット、ウエア、シューズ持参は当たり前という感じ。現地に着くと「ほんなら テニスしようか」って。 ウエアのブランドは女の子はクリスエバートが着ていたエレッセ、男はボルグが着ていたフィラかマッケンローが着ていたタッキーニ。

 テニスは上手い下手ではなくて当たり前のファッションの一つとして若者に浸透していた時代でした。

 

WS000121.JPG

WS000122.JPG 

さて、仕事はといえば

天満屋ストアに入社して6年目、天満屋ハピータウン原尾島店で実用衣料品(肌着、靴下、ナイトウエア)の担当をしていました。当時の原尾島店は今のような立派な建物ではなく、1970年台のボウリングブームの時に建てられたセブンスターボウルの建物を射抜きで改装した店舗でした。なので、フロアには柱が全くないというものでした。

 

その頃の私は、冬のスキーがメインでそのシーズンオフのトレーニングがテニスという感じで1年を過ごしていました。

 ゲレンデの雪がなくなるとテニスシーズンがスタート・・・夏場はとにかくテニス、11月から走り込みと自転車でスラローム練習(ステンマルクがやっていたバランス練習)、12月に柳原人工スキー場で基礎練習、そしてゲレンデに雪が積もると、雪がなくなるまでスキー場へ毎週のように通っていました。今のように高速道路の無かった時代にチェーンを巻いてよく通ったものだと思います。

 

WS000118.JPG

 

スキーはこれまで滑走日数は激減したもののやめることなく続けてきたおかげでなんとか時代の滑りに置いて行かれない程度には滑れているかな?

 

 

 テニスは仕事が忙しくなってからはラケットを持つことすらなく20数年間が経過。

 

 

遊プラへの勤務が再開のきっかけとなって失った20数年のテニスを取り返すべく、動かなくなった体に鞭を入れながら頑張っている今なのです

 

 

 

WS000400.JPG

 

トラックバックURL
受信トラックバック一覧
コメント一覧
この記事へのコメントを投稿する



ページトップへ

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

遊プラザテニススクールは、岡山県のテニス、スポーツ、習い事、健康、趣味、ダイエットに貢献するテニススクールを目指します。